その概略
明治35年(1902)4月2日から5日まで、16の分科会が合同して第1回日本聯合医学会を上野の東京音楽学校において開催した。これを公式に本会の創設日とする。
第3回からは日本医学会と改称し、以後4年ごとに開催、今日に至るまで連綿と継続されている。ただ、昭和22年開催の第12回総会のみ、終戦直後のため1年延期された。その12回総会で日本医学会の常設・恒久化が決議され、昭和23年3月8日に改組途上の日本医師会と合体した。
日本医学会の活動は、あくまで学問中心で、その会員制度は学会単位の加盟である。現在、136分科会(別項参照:分科会一覧)を擁している。

日本医学会の目的
上述の合体後、公益社団法人日本医師会定款第8章第48条に「日本医師会に、日本医学会を置く」とされ、日本医学会は、日本医師会と密接な連携の下に、「医学に関する科学および技術の研究促進を図り、医学および医療の水準の向上に寄与する」ことを目的としている。

日本医学会の事業
日本医学会は上記の目的を達成するために、次のような事業を行っている。
(1)日本医学会総会の開催
(2)日本医学会シンポジウムの開催
(3)医学および医療に関する情報の収集と伝達
(4)その他学会の目的達成上必要な事業


日本医学会 http://jams.med.or.jp/index.html


アイウエオ順

 |  |  |  |  |  |  |  | 

テキストのコピーはできません。